妊活中の不安を和らげる5つのポイント!〜経験者は語る〜




この記事を書いている人 - WRITER -

ASAMI

こちらの記事はこんな方にオススメです

  • 出口の見えない妊活に不安を感じている方
  • 考えすぎて落ち込んでいる方

 

 

妊活って精神的になかなか辛いんですよね。

 

『経験した人にしか理解できない辛さがある』

 

実際に私の妊活を見ている母は「こんなに辛いなんて知らなかった」と言います。

 

だからと言って周りに、理解してほしい!同情してほしい!とは思っていません。

 

だって私には逆にママの気持ちが分からないし経験しないと分からないことってたくさんあるだろうから。

 

結婚して5年が経ち、それなりに妊活を経験してきているので妊娠を望む方の気持ちが痛いほどわかります。

 

 

今回は妊活を通して見つけた私なりの不安の和らげ方をお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

妊活中の不安を和らげるポイント5つ!!

1、全てを話せる相手を見つける

妊活は不安に襲われることもあります。

出口の見えない道路を進んで行くようなもの、怖くなる時もありますよね。

妊活の不安やストレスってガン患者さんと同じくらいのストレスだと聞いたことがあります。

一人で抱え込むなんて無理です。

母親・ご主人・友達・看護婦さん、あなたが心から信頼して何でも話せる相手はいますか?

私は母親に全てを話しています。

『そっか。辛かったね。大丈夫。』

寄り添ってくれる言葉をもらえるだけで心は軽くなります。

 

身近な人に話しにくい方は、SNS上で話せる相手でも良いと思います。

最近はインスタで「妊活アカウント」を作り妊活をしている方だけで交流できたりもします。

相手の素性は分からないけど、同じ経験をしている仲間ということで話しやすい環境かもしれません。

でも、無理に話す相手を探さなくても大丈夫ですよ♡

話したいと思った時に話せる相手がいればいい』

そんな環境があると心強いですね。

 

2、ネットで検索しすぎない

何かを知りたいと思ったとき、ネットで調べてしまいますよね。

ネットには情報が溢れかえっています。

中には信憑性のないもの、嘘の情報も沢山あります。

私もすぐネットで調べてしまうので、ネットの情報を信じて惑わされ不安になることもあります。

でも、本当かどうかも分からない情報に一喜一憂するのは損!!』

ネット検索すれば情報は手に入ります。

時に便利ですが、自分の身体に関わる妊活のことはお医者さんに聞くのが一番だと思います。

知識を増やすことは良いことですが、必要以上に調べて一人で不安になるなんてもったいないです。

ネット上の情報を信じすぎないでくださいね。

 

3、心地いい人とだけ過ごす

妊活に関わらず、普段から無理して人付き合いしなくていいと思っています。

20代の頃は、多くの人と関わっていた方が良いと思っていましたが・・・

年を重ねるにつれて、いかに充実した時間を過ごすかが必要だと感じます。

無理に女子会へ参加して心が疲れるより、あなたが心地いいと感じる仲間と過ごす方が妊活中の精神バランスを保つ為にも良い気がします。

私は無理して友達と会うことを減らしました。

上辺だけの薄っぺらい人付き合いを辞め、本当に信頼出来る仲間とだけ過ごしています。

他人の考え方や行動を変えるのは難しいけど、自分のことなら今すぐにでも変えられることもあるかもしれない。

『他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ』

極力ストレスを感じにくい環境を自分で作っちゃいましょっ!

 

4、感情を紙に書き出す

あなたが精神的にきついなと感じる日は、ありのままの感情を紙に書き出してみてください。

書くことって浄化作用になるんです。

ちょっぴり心がスッキリしますよ。

私は妊活に関わらず毎日の感情を記録しています。

書くことで「私ってこんな考え方なんだ」って自分の考えに気づくこともあるし、以前書いた感情の記録を見るだけでホッとする時もあります。

紙とペンを用意して、ぜひ素直な感情をありのままに書き出してみてくださいね。

 

5、他人と比べない

妊活期間が長くなると、自分より後に結婚した人が次々に妊娠していったりするでしょう。

街中で見かける子供連れの家族に胸が締め付けられることもあるかもしれない。

でもその度に一喜一憂すると心が持ちません。

『早く結婚したから、早く子供を産んだから、それが幸せとは限らない』

あなたが「いいな〜」と思って眺めている相手は本当に幸せでしょうか?

子育てでノイローゼかもしれない、離婚危機に悩んでいるかもしれない・・・

何か問題に直面した時「時間が解決してくれる」と表現する時があります。

妊活もそうだな〜と感じています。

妊婦さん見るのが辛い、子供と一緒にクリニックに来るママを見たくない・・・

いろんな感情が湧き出てくるんですが、本当に時間の経過と共に心が強くなります。

心が慣れてくる感覚というか・・・

いつしか何も気にならなくなる時がきます!

私がそうだったから。

だから、大丈夫。

あなたらしい毎日を過ごしましょうね♡

 

おまけ

妊娠を望むすべての女性に読んで欲しい!と思うくらいのオススメの一冊です。

 

妊活に不妊治療はいらない [ 仲宗根康 ]

価格:1,404円
(2017/4/27 23:00時点)
感想(5件)

あなたの大切なお金と時間を無駄にしないためにも読む価値ありの本です!

 

まとめ

妊活中の女性は『ママ』になりたくて頑張っています。

一人で涙し、頑張っている女性が一人でも多く「ママ」になれる日が来たらいいな。

でも妊活って気軽に相談できる内容ではないデリケートな問題だから、誰にも話せずに悩んでいる女性が多いのも現実。

私も隠していたけど、ブログという思いを発信できる手段がある今、伝えたいと思って書きました。

最近こんなことを思うんです。

『今は辛いと思っている妊活期間が実は一番幸せな時間かもしれない』

これから先、ママになれたら・・・

子育て・ママ友・姑問題などなど、た〜くさん悩みが増えると思います。

 

妊活の悩みも辛いんだけど、自分だけの悩みで人を巻き込む悩みではない。

生活も、自由に出かけられるし夫婦で好きなことをして暮らしている。

実は今のこの時間が贅沢なのかもしれない!!

こんな風に思えるようになりました。

 

 

あなたの不安がこの記事で少しでも和らぎますように♡

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です